学校教育関係メンタルケア健康落語講演依頼三遊亭楽春へ中四国編

■こちらでは全国での講演会の中で、中国地方(山陽・山陰)の学校や教育関係で開催された、講師・三遊亭楽春(落語家)の各種講演会や落語鑑賞会の様子を掲載しています。

学校や教育関係で、200個所以上の講演実績があります。(当サイトの掲載分以外も含めて)

-----------------------------------------------------------------

三遊亭楽春の講演は、笑いの効果と想像力の効果を合わせた、二つの有用な効果を語る講演がベースです。

堅い内容の研修会や勉強会は参加していて疲れるとの声を参加者から多く聞きます。

三遊亭楽春の講演は楽しく参加意識を持って頂き、講演自体が癒しの時間になるように、笑いながら役立つ講演会に構成しています。

-----------------------------------------------------------------

全国で開催された三遊亭楽春の講演会の風景 ← こちらでお読み下さい。

-----------------------------------------------------------------

三遊亭楽春 公式プロフィール ← こちらでお読み下さい。

-----------------------------------------------------------------

三遊亭楽春への講演会のご相談やご依頼をメールでお受けしております。

三遊亭楽春へ講演会・講師のご相談・ご依頼メール ← こちらをクリックして下さい。(お問合せ、ご相談のみでもOKです)

-----------------------------------------------------------------

当サイトでは三遊亭楽春の講演のごく一部のみ紹介しています。

実際の講演では、多彩な内容を盛り込んで、楽しく聞けて学べるように構成して、オリジナル形式の講演が高い評価を得ています。

笑いの効果を活用した講演は、想像力と表現力の向上、コミュニケーション向上、健康&メンタルヘルスケア、モチベーションアップなど幅広く役立てる事ができます。

-----------------------------------------------------------------

三遊亭楽春の学校や教育関係者へ講演会の風景 ← こちらでお読み下さい。(教員研修、PTA講演会などの講演風景を掲載)

-----------------------------------------------------------------
広島県での講演風景です。
-----------------------------------------------------------------

学校で開催された三遊亭楽春の楽しく学べる講演会(落語鑑賞会)の風景です。

生徒が楽しく参加。落語体験コーナーの風景です。

広島県呉市の昭和北小学校の芸術鑑賞会で、講演会が好評の講師・三遊亭楽春の落語鑑賞会が開催されました。

この小学校は普段から「ことばの教育」に力を入れています。

落語は日本語ってむずかしいと感じている生徒たちに、言葉や物語の面白さを見直すきっかけを与えます。

そこで、三遊亭楽春が出演した「テレビ寺子屋」(全国ネット放送)での講演をご覧を頂き、「ぜひ三遊亭楽春さんに学校に来て落語鑑賞会をして欲しい」と、ご依頼がありました。

会場には元気いっぱいの明るい笑い声が響きました。

生徒たちは一生懸命に落語に聞くところは聞き、笑うところは笑ってくれました。

これができるのは言葉をキチンと捉えて想像が出来ているからです。

生徒たちはしっかり想像ができて、大きく笑ってくれました。

言葉の大切さがわかれば、伝え方(表現力)や受け取り方(想像力)にも役立っていきます。

いったん興味をもった生徒たちは好奇心に包まれ目を輝かせます。

生徒たちの好奇心は積極性ば学習意欲に繋がります。

-----------------------------------------------------------------

学校で開催された三遊亭楽春の落語会(伝統芸能鑑賞会)の風景です。

生徒が楽しく参加。落語体験コーナーの風景です。


広島県安芸郡の海田中学校の芸術鑑賞会で、講演会が好評の講師・三遊亭楽春の落語鑑賞会が開催されました。

伝統芸能の分野で、ぜひとも本物の「落語」を生徒に聴かせたいと講演実績が多い三遊亭楽春にご依頼がありました。

日本の古典芸能である落語から学ぶことは多々あります。中学生に落語を聞かせることは有意義なことでしょう。

講演では落語鑑賞のみではなく、想像力、表現力、コミュニケーション力の大切さの講話やメッセージを含めて進めていきます。

想像力、表現力は思いやりの心に繋がります。単に面白くて笑うというだけでなく、日本の伝統文化から学べる意義はたくさんあるのです。

伝統文化の中には人への思いやりの心や、助け合いの気持ちなどが含まれています。

笑いながら楽しさを共有する時間を持つことは、きっと生徒たちの心の栄養となることでしょう。

-----------------------------------------------------------------
岡山県での講演風景です。
-----------------------------------------------------------------

学校で開催された三遊亭楽春の楽しく学べる講演会(落語鑑賞会)の風景です。

岡山県真庭市の小学校3校合同で、講演会が好評の講師・三遊亭楽春の落語鑑賞会が開催されました。

川上、八束、中和の蒜山地区3小学校合同の落語芸術鑑賞会で、三遊亭楽春に落語公演のご指名がありました。

明るく元気いっぱいで参加する気持ちが前向きな生徒たちでした。

落語は想像力を豊かにし、さらに自分でも落語体験してみると表現力も育ちます。

扇子一本、手ぬぐい一枚で演じる落語を見て面白いのは想像力が働くからです。

想像力と表現力は、コミュニケーション力の土台となります。

最近では、子どもたちの想像力やコミュニケーション力、集中力を育むなどの効果が期待できるとして、注目を集めています。

--------------------------------------------------------------------

このときの三遊亭楽春の小学校での講演が好評で新聞に講演風景が掲載されました。

三遊亭楽春の小学校での学校寄席が好評で新聞に掲載されました。

三遊亭楽春の小学校での学校寄席が好評で新聞に掲載されました。 (山陽新聞)

「伝統の話芸に親しむ」 小学校の芸術鑑賞会で落語家が演技指導。

写真は扇子を割りばしに見立て、そばをすする演技を児童に教える三遊亭楽春さん。

全国の学校を回って落語の楽しさを伝えている落語家・三遊亭楽春さん。

三遊亭楽春さんは扇子や手ぬぐいなどの小道具を取り出しては、「落語とは想像する芸術です。扇子を腰からスッと抜くと刀になり、手ぬぐいを懐から出すと財布になる。」と説明。

扇子を割りばしに見立てて、丼から熱いそばをすする落語の演技を児童に教えるなど、表現力の大切さも指導した。

三遊亭楽春さんの落語「桃太郎」では現代的でテンポのいいストーリーに会場は爆笑の連続でした。

-----------------------------------------------------------------

短期大学看護学科 三遊亭楽春講演会 「落語で笑って健康増進」の風景。

「落語で笑って健康増進」 講演会講師:三遊亭楽春


岡山県新見市の新見公立短期大学で、講演会が好評の講師・三遊亭楽春が笑いと健康の講演をしました。

短期大学看護学科 三遊亭楽春講演会 「落語で笑って健康増進」 講演会講師:三遊亭楽春

「サテライトデイ」とは看護学生が地域において、健康診断やレクリエーション指導などを行う試みです。

新見公立短期大学看護学科は地域に貢献できる大学として、看護学科の教員、学生が、高齢者のの健康チェックや健康相談などを行っていて好評を博しています。

今回は総まとめとして地域の高齢者を招待して、健康に関する講演会を行いたいと、講演実績が多い落語家・三遊亭楽春にご依頼がありました。

--------------------------------------------------------------------

このときの三遊亭楽春の「笑いと健康の講演会」が好評で新聞に掲載されました。

三遊亭楽春の笑いと健康の講演会が新聞に掲載されました。

三遊亭楽春の「笑いは健康の良薬講演会」が好評で新聞に掲載されました。

落語で笑って健康増進。会場を笑いの渦に巻き込んだ三遊亭楽春さん。

三遊亭楽春さんが公立短期大学のサテライトデイで大学生と地域高齢者に笑いと健康の講演をしました。

落語家・三遊亭楽春さんは全国への出張落語を積極的に行っており「笑いは健康の良薬」をテーマに幅広い世代を相手に活動を続けている。

公立短大の看護学科の学生と地域高齢者の地域交流で、落語家・三遊亭楽春さんの健康に関する講演と落語に腹を抱えて笑った。

三遊亭楽春さんは「笑いと健康」の講演の後、江戸小話と古典落語を一席披露。江戸落語独特の言い回し、表情、仕草で会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

「三遊亭楽春さんの講演は本当に楽しかった。腹の皮がよじれるほど笑った。また機会を設けて欲しい」と参加した人は喜んでいた。

-----------------------------------------------------------------
島根県での講演風景です。
-----------------------------------------------------------------

学校で開催された三遊亭楽春の楽しく学べる講演会(落語鑑賞会)の風景です。

三遊亭楽春の学校での講演会(落語鑑賞会)の落語体験コーナーの風景です。


島根県出雲市の大社中学校で、講演会が好評の講師・三遊亭楽春が落語鑑賞会の公演をしました。

PTA主催、ロータリークラブ協力で、親子で楽しむ伝統芸能落語鑑賞会と題し、青少年の育成、地域交流、親子の絆などをテーマを落語鑑賞会の中に取り入れた講演となりました。

落語は想像力と表現力の向上に役立ちます。

落語を想像して聞くことは、誰かのことを思う「思いやりの心」に繋がり、表現力は行動力に繋がっていきます。

落語体験を通して想像力と表現力を感じ取った生徒たちは、落語を聞く姿勢もよく、会場いっぱいに明るい笑い声が響きました。

想像力と表現力が明るい地域のコミュニケーションを生み、青少年の育成、地域交流、親子の絆にも役立つことでしょう。

会場:大社文化プレイスうらら館 (島根県出雲市)。

-----------------------------------------------------------------
高知県での講演風景です。
-----------------------------------------------------------------

「言葉の達人講座」の講師で三遊亭楽春に講演依頼がありました。

高知県黒潮町の佐賀中学校で、講演会が好評の講師・三遊亭楽春の落語鑑賞会が開催されました。

教育委員会で「言葉の達人講座」を開催。言葉の達人として講演が好評の三遊亭楽春に依頼がありました。

落語を通して日本語の美しさや素晴らしさに気づき、国語に対して興味や関心を高めることを目的とした講座です。

落語は日本語ってむずかしいと感じている生徒たちに、言葉や物語の面白さを見直すきっかけを与えます。

生徒たちは一生懸命に落語に聞くところは聞き、笑うところは笑ってこれました。

これができるのは言葉をキチンと捉えて想像が出来ているからです。 生徒たちはしっかり想像ができて、大きく笑ってくれました。

言葉の大切さがわかれば、伝え方(表現力)や受け取り方(想像力)にも役立っていきます。いったん興味をもった生徒たちは好奇心に包まれ目を輝かせます。

-----------------------------------------------------------------

中学校で開催された三遊亭楽春の芸術鑑賞会の講演風景です。

日本各地の学校で開催された、生徒対象の「落語鑑賞会、芸術鑑賞会」の風景をご紹介。

講演風景は以下のタイトル部分をクリックしてお読みください。

-----------------------------------------------------------------
尚、小学校での講演風景では、生徒の顔がはっきりわからない程度に画像を小さいサイズに設定しています。
-----------------------------------------------------------------

東京都の学校で「落語鑑賞会」の風景

-----------------------------------------------------------------

神奈川県の学校で「落語鑑賞会」の風景

-----------------------------------------------------------------

千葉県の学校で「落語鑑賞会」の風景

-----------------------------------------------------------------

埼玉県の学校で「落語鑑賞会」の風景

-----------------------------------------------------------------

北関東(茨城、群馬、栃木)の学校で「落語鑑賞会」の風景

-----------------------------------------------------------------

東海(静岡、愛知、岐阜、三重)の学校で「落語鑑賞会」の風景

-----------------------------------------------------------------

関西・近畿の学校で「落語鑑賞会」の風景

-----------------------------------------------------------------

北日本(東北、甲信越、北海道)の学校で「落語鑑賞会」の風景

-----------------------------------------------------------------

中国地方(山陽・山陰)の学校で「落語鑑賞会」の風景

-----------------------------------------------------------------

九州・四国の学校で「落語鑑賞会」の風景

-----------------------------------------------------------------


三遊亭楽春 公式プロフィールプロフィール、マスコミ掲載情報などはこちらでお読み下さい。

三遊亭楽春の講演の評判が高い評価を得て、多数のマスコミ、メディアに紹介されています。

以下で数点ご紹介します。さらに詳しくはプロフィールをご参照下さい。

-----------------------------------------------------------------

三遊亭楽春の講演会がテレビで日本各地へ放送されました。 三遊亭楽春の学校での落語鑑賞会の活動がテレビ放送されました。

講演会が好評の講師・三遊亭楽春の講演が高い評価を頂き、全国ネットのテレビ番組で日本中にテレビ放送されました。(全国ネット24局で放送)

三遊亭楽春テレビ放送講演テーマ ・「子どもに伝えたいコミュニケーション術」 ・「笑いに学ぶメンタルヘルス」・「笑いは健康の良薬」、ほか。

三遊亭楽春の講演が放送されたテレビ番組「テレビ寺子屋」は各界の一流講師陣が講演をする、30年以上続く長寿の人気講演番組です。

テレビ放送された三遊亭楽春の講演の評判が好評のため、各方面から大きな反響があり、講演会の講師のご依頼を数多く頂いております。

--------------------------------------------------------------------

三遊亭楽春の落語に学ぶコミュニケーション講演会がテレビで放送されました。三遊亭楽春の落語に学ぶコミュニケーション講演会がテレビで放送されました。

コミュニケーション講演会が好評の講師・三遊亭楽春がテレビ出演しました。(番組:東京もっともっと!元気計画研究所)

番組テーマ 「コミュニケーションをもっと向上させるために落語体験をしよう」 テレビゲスト講師:三遊亭楽(向かって一番左が三遊亭楽春)

番組内では企業や学校での講演実績が豊富な講師・三遊亭楽春が、コミュニケーション力不足の解決案、コミュニケーション向上のテクニックを披露しました。

三遊亭楽春の落語に学ぶコミュニケーション講演会がテレビで放送されました。

学校の生徒や、企業の若手社員など、若い人のコミュニケーション力の低下は重要な問題になっています。

テレビ番組内では、三遊亭楽春の学生たちへの講演風景をテレビ放送しました。

落語体験を通して、想像力と表現力を身に着ける事で、コミュニケーション力のアップに役立ちます。

三遊亭楽春の講演会の参加ご感想。

・「三遊亭楽春師匠は一人で何人もの役をやっていてすごい」

・「聞いていて目に前に落語の情景が浮かんできました」

・「初めて聞いても落語が理解できて楽しかった」

-----------------------------------------------------------------


三遊亭楽春の小学校での落語鑑賞会の評判が好評でNHK総合テレビで放送されました。

三遊亭楽春の小学校での落語鑑賞会の評判が好評でNHK総合テレビで放送されました。三遊亭楽春の小学校での落語鑑賞会の評判が好評でNHK総合テレビで放送されました。

三遊亭楽春の小学校での落語鑑賞会の評判が好評でNHK総合テレビで放送されました。 (NHK総合テレビ)

三遊亭楽春の学校寄席で小学生が落語体験

落語家の三遊亭楽春さんから手ぬぐいや扇子の使い方を教わったあと子供たちは実際に高座に上がり落語に挑戦しました。

続いて三遊亭楽春さんが落語を披露すると、落語を鑑賞するのが初めてという子供たちは声を出して笑いながら、三遊亭楽春さんの落語にすっかり魅了され話に聞き入っていました。

--------------------------------------------------------------------

「落語の面白さに吸い込まれ身に付く表現力、想像力」講師:三遊亭楽春

三遊亭楽春の学校での落語鑑賞会活動の評判が好評で、日本全国の主要新聞52紙に掲載されました。 (共同通信社配信)

落語の面白さに吸い込まれ身に付く表現力、想像力

高座に上がり、落語を体験する子どもたち。表現力豊かな落語の魅力に子どもたちが気づき始めている。

「手ぬぐい一枚ひっくり返しただけでも、おかしいのは、想像力が働くから。さらに自分でやってみると、いろいろ工夫するので表現力も育つ。落語は想像力と表現力の両方の力が身につくんですよ。」 (コメント:三遊亭楽春)

-----------------------------------------------------------------

三遊亭楽春の笑いと健康の講演会がラジオで放送されました。

ラジオ公開健康講座 「聞いてなるほど健康習慣、笑いは健康の良薬」 講師:三遊亭楽春(落語家・真打)

三遊亭楽春の「笑いと健康の講演」がラジオ番組で放送されました。

最近、さまざまな研究が進む中で、落語の「笑い」が健康に役立つのではないかといわれるようになってきました。

落語を楽しむには聞いている皆さんの想像力が必要なのです。聞いているだけで自然と頭を使う、今風に言うなら脳トレです。

落語を聞くと元気が出てきて、脳の活性化にも役立つのです。まさに笑うことは効果的な健康法といえるでしょう。(SBSラジオ特番で放送)

-----------------------------------------------------------------

「笑いは健康の良薬 笑いで免疫力アップ、想像力が脳を活性化する」 講演会講師:三遊亭楽春 免疫力を学ぶ健康フォーラムでの三遊亭楽春の講演風景です。

健康フォーラム「免疫を学んで、健康な生活」で、落語家・三遊亭楽春が笑いの健康への効果を講演しました。

健康フォーラム講演会 「笑いは健康の良薬 笑いで免疫力アップ、想像力が脳を活性化する!」 講師:三遊亭楽春(落語家・真打)

講演の内容は、三遊亭楽春の「健康講話・笑いは健康の良薬」に加えて、三遊亭楽春の楽しい落語を披露。受講者参加型の落語体験で笑いの効果を肌で感じて頂きました。

さらに「免疫力向上の秘訣」についてトークショーが開かれました。(写真:健康フォーラム 免疫力向上の秘けつの講演風景。右から二人目が三遊亭楽春)

会場は免疫力に関心をお持ちのお客様、注目の講演会にマスコミ関係者が大勢集まり、大入り満員になりました。

主催:東京新聞社。協賛:ヤクルト本社。後援:東京都栄養士会。会場:ヤクルトホール(東京都港区)。

-----------------------------------------------------------------

三遊亭楽春の健康講話、笑いは健康の良薬が新聞記事に掲載されました。

この健康フォーラムでの三遊亭楽春の講演会の記事が新聞に掲載されました。

健康講話 楽しくナルホド! 「笑いは健康の良薬 笑いで免疫力アップ、想像力が脳を活性化する!」 講師:三遊亭楽春師匠・落語家

落語は笑ってストレスを発散し、想像力を使って脳を活性化できる、ダブルの効果があるわけです。

落語は話を聞くだけでもいい効果があるんですよ。皆さん落語ではオチで笑うわけですが、オチの前にはなにかちょっとした「ひっかかり」があるものなんです。

これがまた脳に良い刺激になるのです。これが落語の効果です。(東京新聞・一部のみ抜粋)

--------------------------------------------------------------------

三遊亭楽春 公式サイト(トップページへ移動・講演会風景の一覧を掲載しています)

-----------------------------------------------------------------

三遊亭楽春の講演会のご感想を記載